私が挑んだまつ毛を増やす3つの方法

まつ毛の本数が少なく短いことに悩んでおり、10代の頃はいろんなタイプのつけまつ毛を試してきました。
ですが、自然な感じにうまくつけられたことがなく、しかも風が強いとすぐ外れてしまうので困っていました。

20代になり金銭的にも余裕がうまれたので、憧れていたまつ毛エクステを試すことに。
好きな本数を好きなだけつけられるコースを選びましたが、違和感のない本数が分からなかったのでお任せでして頂きました。
最初は付け心地に違和感がありましたが、すぐに慣れました。

鏡で見た時、長いまつ毛の自分の姿が見慣れなくて変な感じでしたが、家族や友人は「変わってない」というので、周りは自分が思っているほど人のまつ毛を見ていないんだなと思いました…。
もとから使用していなかったので特に問題なかったのですが、オイル系のメイク落としは禁止、目をこすってはいけないなどの決まりがあり、アフターケアが大変なように思いました。
1ヶ月後にはつけたまつ毛がぽろぽろと抜けてきて、長さがバラバラになり、つい自分でつけてもらったまつ毛を抜いてしまいました。
お金がもたないと思い、まつ毛エクステはその1回だけで終わらせてしまいました。

その後、友人にまつ毛のボリュームをどうしているか相談してみたところ、友人は10代からまつ毛育毛剤を毎日使用していたそうで。
確かに友人のまつ毛は自然に長いと感じ、私も育毛剤を使用することにしました。
健康的で簡単で自分にも合っているように思います。私も10代からはじめておけば良かったと少し後悔しています。

まつげ育毛剤の人気と口コミ!

パウダーファンデとリキッドファンデ

化粧の基本となるファンデーションにメジャーであるパウダーとリキッドがありますよね。私は両方使用しています。

何となく夏は汗をかいて崩れやすいので、リキッドファンデをメインに使用していました。リキッドはパウダーに比べてカバー力があり毛穴までカバーしてくれるし、肌にピタッと馴染む感じがして崩れにくいかなと思っていたのです。

ですが、実はそれは間違いだったようです。いえ、確かにリキッドファンデはパウダーファンデに比べてカバー力があり肌にしっかり浸透するのですが、リキッドファンデは油性成分が液状になっているパウダーファンデに比べるとオイリー肌の人はべたつきやすいらしいのです。オイリー肌の私には衝撃の事実。自分の間違っていた認識に愕然です。考えてみれば冬肌が乾燥する時期にパウダーファンデだと肌が粉っぽくなっちゃいますよね。リキッドファンデはその反対、よく考えてみればわかりそうなのに自分にがっかりです。

更にリキッドファンデは肌に浸透する分、パウダーファンデに比べて肌への負担も多いというではありませんか。それも盲点でした。

これからはイメージだけで使用せずにそれぞれの性質をきちんと理解した上で、べたつく時期以外は基本パウダーファンデ、乾燥する時期にはリキッドファンデときちんと使い分けをしていきたいと思います。

バンビウィンク ドンキ

つけまつ毛にハマっていてまつげ美容液を使っています

私は最近、つけまつ毛にハマっていて、ドラッグストアーでつけまつ毛を買ってきて、毎日つける練習をしています。
つけまつ毛を使うようになってから、アンファーのまつげ美容液を使うようになりました。
YouTubeでお笑い芸人の渡辺直美さんがいいと言っていたので、さっそくアンファーのスカルプDのまつげ美容液を買ってきて使うようになったのです。

基礎化粧品を使った最後に上下のまつげの生え際に塗るのですが、どうしても目に入ってしまって、ちょっと不安になってしまいます。
つけまつ毛を使うとどうしても接着剤がまつげについてしまって、はがすときにまつげを引っ張るような感じになるので、本当のまつげのケアのためにもまつげ美容液を使うようになりました。

私ははっきりとした二重の目をしていて、つけまつ毛をつけるとちょっとハーフっぽい顔になります。
まつげをつけただけで顔の印象が変わるので、今は外出するときには必ずつけまつ毛をつけて外出しています。
私はビューラーは使わず、まつげが割と上向きに生えているので、そのままの状態でつけまつ毛をつけるようにしています。

最初はなかなかうまく左右のバランスをとることができなかったのですが、最近は割と上手につけることができるようになりました。
つけまつ毛をつけただけで目が大きくなって、顔がはっきりとして、おしゃれになります。
下のまつげを育てるためにもまつげ美容液は必要なもので、下のまつげが長くなるといいなと思っています。

まつ毛伸ばすを美容液

冬に味わう自然との触れ合い

大自然の脅威は、ときには多大な被害をもたらしますが、その圧倒的なスケールを体感できたときには幸福感を味わうことができます。 特に日本各地が雪と寒風に包まれる晩秋から冬本番の時期にあえて屋外で自然と触れ合うことに大きな意味があります。

群馬県の榛名湖でとても盛大に行われる有名なワカサギ釣りの氷上から直に竿を垂らし、回遊のワカサギや小さな淡水魚を釣る原始的な方法は、古くから地元に伝わっています。 未だ氷の張っていない時期でもボートを使って楽しめるワカサギ釣りは、およそ秋口から早春までの長い期間、湖の周辺が賑わう大イベントです。 釣ったワカサギをその場で調理して食べることができる施設もあり、家族連れにもお勧めです。
 
冬ならではのレジャーである雪山登山は、山の景観を楽しむことに加え、厳しい自然との共存、過酷な環境下で道なき道を行く高揚感もまた、魅力の1つと言えるでしょう。 生命に関わるような無謀な行為が禁止されている雪山登山に挑戦するタイミングは、天候や自身の体調も考慮し、万全の態勢で臨みましう。初心者の方は、まず雪山登山のノウハウを学べるツアーや同好の会に参加することから始めましょう。
 
冬は屋内に篭りがちですが、雪色の大自然の美しさは、実際に肌で感じなければ分かりません。 雪だるまの創作や名所を観光するなどそのときその場でしか味わえない冬を楽しみましょう。 そこに一緒にいてくれる相手がいると、さらに心も温まることでしょう。
ハリアー 維持費

オフィスホワイトニングは即効性とトラブルレスが大きな魅力

手軽さが売りのホームホワイトニングに対し、歯科クリニックに何度か通院しながら施術を受けるオフィスホワイトニングは、通院の手間こそ掛かるものの施術の即効性が高く、また常に施術のプロたる歯科医の手によって行われる為、未熟ゆえのトラブルも無く進められるというメリットがあります。

仮に歯科クリニックまでの距離が遠い上に仕事や学業が忙しく、数回であっても中々通院の都合が付けられないのであれば、ホームホワイトニングが最適に違いありません。ただ十分な通院の時間が取れ、なるべく早く施術を済ませ効果を得たいのであれば、素直にオフィスホワイトニングをチョイスすべきでしょう。

ホームホワイトニングに関しては、ホワイトニングの仕上がりの微調整も自身で行わなければならず、中々繊細で難しい部分があるものです。一方オフィスホワイトニングであればその難しい加減も歯科医に任せられ、微調整も施術中のチェックで何度もリクエスト出来ますから、自分好みの仕上がりにし易いという大きなメリットもあるのです。

オフィスホワイトニングの施術の際、基本的に痛みが伴う事はありませんが、その前段階としてしっかりとした歯科検診が行われるケースが普通です。仮にホワイトニングを希望する範囲内に虫歯が発見された場合、もちろんホワイトニングよりもそれらの治療が優先されますから、別途痛むケースも想定しなければなりません。むしろ歯の不具合や虫歯に関しては別の機会に定期的にチェックする時間を作り、既に万全の状態でもってホワイトニングを受ける心掛けが大切でしょう。

歯の黄ばみを落とす歯磨き粉のおすすめを紹介します

ホワイトニング効果のある歯磨き粉を試した時の体験談

私は以前から歯の黄ばみが気になっていたのでネットでホワイトニング料金の相場を調べてみました。すると、オフィスホワイトニングでもホームホワイトニングでも万単位の費用がかかることがわかりました。出そうと思えば出せない金額ではありませんが、万単位のお金を出してまで歯を白くしようとは思いませんでしたし、歯医者でホワイトニングを受ける場合は歯医者に通う手間もあるので、もっと手軽にホワイトニングをできる方法をネット探しました。すると、ホワイトニング効果がある歯磨き粉を使用すればあまりお金も手間もかけずに歯を白くすることができるとわかったので、早速試してみることにしました。

私が選んだのはサンスターのセッチマはみがきスペシャルという歯磨き粉です。この歯磨き粉を選んだ理由は他のホワイトニング用歯磨き粉と比べると料金が安いこと、週2~3回の使用でよいのであまり手間がかからないこと、近所のドラッグストアで購入できることなどです。

セッチマはみがきスペシャルを使ってみると、1回目で少し歯の黄ばみが薄くなったのを感じました。まさか1回目で効果があるとは思っていなかったので嬉しい驚きでした。そして、3ヶ月くらい使い続けてみると、歯が真っ白になるということはありませんでしたが、黄ばみがほとんど気にならなくなるくらいには歯が白くなりました。そのため、歯の黄ばみを気にならない程度に薄くするだけで良いなら、歯医者で本格的なホワイトニングを受ける必要はないと思いました。

ホワイトニング歯磨き粉は妊婦も使っていいの??

おはようございます。今日も世界は平和

おはようございますー。
といっても私は今日起きたのは午前の10時半、とても早いとは言えませんね、おそようございますです。
なんだか最近急に朝と夜が冷え込むようになってきてどんどん朝布団から出るのが厳しくなってきましたね。
まぁ私は夏でも寝坊してしまうような人間なのですけども。
というわけで今日も二度寝してしまったわけですね。
これでもちゃんと朝の7時半には目覚まし時計をセットしていて、なったら起きるんですよ。そして毎日二度寝するという。
いい加減直したいというか、ちゃんと起きれるようにしなきゃってさすがに思いますね。
さて、今日はすごく天気がいいですね。ブログでこんなこと書いても公開するのはもっと後なのでよかったですね、と書くべきでしょうか。
こんな日には散歩に行きたくなります。ということで散歩してきましたよ。こんないい天気の日に散歩していると、本当に世界は平和だなぁと思いますね。いいことです。ボーッと歩いたりするの好きなんですよね、じっとしてるとなんだか嫌なことを考えたりしてしまうので。
そして帰ってきて、パソコンを開く。今タイピングの練習してるんですよ。ブラインドタッチ。手元を見ないで画面だけ見て打つやつ。これがなかなか難しいんですよねー。まだまだ早く打てない。
実は今打ってるこれもその練習のうちだったりして・・・。
終わり
フィット 維持費

高速道路の煽り運転ニュースを見て

最近テレビニュースを見て気になったのは、東名高速道路の悪質煽り運転事件です。車の運転をしてると色々なトラブルに巻き込まれます。私自身毎日車の運転をしてるので、とても他人事とは思えず見入ってしまいました。この事件は普通の煽りではなく、高速道路を走行中に急ブレーキを踏んで後続車を急停車させました。その結果、後続のトラックが急停車させられた車に追突をしました。この結果、急停車させられた方達に死傷者が出たというものです。急ブレーキを踏んだ運転手は逮捕されたものの、怪我せずピンピンしてました。しかもこの一件だけではなく他にも同様の煽り運転でトラブルを起こしていたというんですから、全然反省とかしてないんですよね。高速道路って信号はありませんし、基本的に車が停車してるとは思わず運転してます。渋滞エリアに突っ込んだらハザードを出して後続車の注意を促したりするほどです。こうしないと後続車に追突されますからね。そんな高速道路、しかも追い越し車線で急停車させるなんて狂気の沙汰なんですよね。煽り運転者と被害者の間でイザコザがあったようですが、それでも相手を殺すような方法で報復なんて人間としてどうなんだろうと思ってしまいます。加害者の石橋容疑者には是非厳罰に処して欲しいです。レバリズム

二所ノ関親方が重体になったニュースについて

元大関若嶋津の二所ノ関親方が自転車に乗っていたときに倒れ、頭を打って重体になったというニュースがテレビ各局で流れていました。
年齢が60歳であることを知り、自分と1歳しか違わないので他人事ではないなというのが最初の印象でした。現役時代は褐色の肌で精悍な顔つきで女性から人気があったことは覚えています。歌手の高田みづえと結婚したときは意外な組み合わせだなと思いましたが、確かお互い九州出身だったなと記憶しています。
二所ノ関親方が広く報道されているのは奥さんが元歌手であることも大きいとおもいます。ワイドショーでも取り上げられていたのは、2人が頑張って相撲部屋を立ち上げていたことを知っていて好意的に見ていた背景もあるはずです。
その後のニュースで当日サウナでも倒れたということも報道されていたので、急激な温度変化で血圧が上昇したことも影響していたのかもしれません。私も昔はサウナにはまっていた時期もありましたが、高血圧と診断されたときから控えるようにしています。
手術も成功し、命には別条がないと聞き少し安心しましたが、頭を強打しているのでしばらく安静にした方がよいのかもしれません。
同じ世代で親方は健康に気を遣いそれまで特に異常がなくても今回のように突然病に襲われることもあるのかということを知り私も気をつかなければいけないと強く思いました。ナチュラ水素

テレビニュースは短すぎて長すぎる。

最近のテレビニュースを見て思っているのは、ニュース番組のつくりが極端すぎるということです。朝の情報番組は、事実だけを伝えるヘッドラインニュースで、その事実がどんな影響を与えるかまでは掘り下げてくれません。かと思えば、お昼や夕方に長い時間をとってずっとやっているニュース番組は、専門家の解説が入ったりと、ちょっと説明が長すぎて、全部を見る時間はないのです。ですから、事実プラス、ちょっとした解説を手短にしてくれるテレビニュースがあればいいのになあと、最近よく思います。

 例えば、10月13日、フランスのマクロン大統領が、COP23に出席するというニュースがありました。私がそれを見たのは午前11時のNHKニュースなのですが、その事実が国際社会にどんな影響を及ぼすのか、もっとわかりやすく、手短に知りたいのです。もちろん、アナウンサーばさっと原稿を読んで簡単な説明をしてくれましたが、ちょっとわかりにくいのです。普段からこのニュースを追っている人なら、サッと聞いただけでわかるのでしょうが、素人には無理です。事実を伝えた後、用語解説だけでもしてくれたらうれしのです。

上記のニュースなら、「COP23」が、地球温暖化対策の国連の会議であること、アメリカのトランプ政権が温暖化対策の国際的な枠組みとして「パリ協定」があり、アメリカのトランプ政権がそこからの脱退を表明している、という二つの言葉について掘り下げてほしいのです。言葉で読むだけではなく、例えばフリップでニュースを読むのと同時に示してくれたらいいなと考えます。バイタルウェーブ