妊娠線は妊娠した女性の勲章ではないでしょうか

現在第二子妊娠中の妊婦です。初めての妊娠は2年前でした。知人から妊娠線の事は聞いていましたので、お風呂上りには必ずクリームを広範囲に塗って予防をしていたつもりでした。私は前置胎盤との診断結果で、妊娠8か月目には管理入院をしていました。それからやはり突然の胎盤からの出血で緊急帝王切開になったのですが、その時に初めて妊娠線が出来ていたことに気づきました。へその周りに赤い線が数本できていたのです。あれよあれよとそのまま帝王切開になったので、妊娠線の事は忘れていたのですが落ち着いたとたんに思い出してとてもショックを受けた事今でも覚えています。

”できてしまったのはもう仕方のない事”と割り切るまで少し時間はかかりましたけれど、夏にお腹を出すようなファッションもしなければ、プールや海でビキニを着ることもない、ましてや、妊娠線以前に帝王切開の傷の方が目立つなと考え直しました。でも妊娠線が消えるというクリームをダメもとで1本試してみたものの効果は得られずに月日が経ちました。

ある日子宮やお腹の収縮とともに妊娠線は薄くわからなくなっていたことに気づきました。知人の話でも、妊娠線できたけれどいつの間にか気にならないくらいになっていたという話を思い出しました。話は本当だったんだと安心しました。

今妊娠6か月になったのですが、一人目の時にできたのであろう妊娠線がお腹が大きくなるにしたがって薄く表れてきました。二人目ともあって自分にお金をかける余裕もありませんので、今回は予防としてクリームを塗ってそれでもまた妊娠線が出来たら気にしないようにしようと思います。一人目同様、いつか無くなることを信じてみます。

妊娠線 消す クリーム ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です