妊娠線には保湿が効果的

妊娠線は妊娠中におなかが大きくなるにしたがって現れてきます。急激に胎児が大きくなってしまうことで普通よりも目立って現れてしまう人もいますが、ほとんどの妊婦さんに妊娠中期から後期頃で見られます。妊娠中に出来てしまった妊娠線は出産後には薄く目立たなくはなりますが、すっかり消えてしまうことは無くよく見るとうっすらと見える程度に残ってしまいます。

しかしその妊娠線は妊娠中に大きくなるおなかの皮膚を保湿クリームで十分に保湿してケアすることで予防することが出来ます。私も妊娠前には雑誌で妊娠線の予防について知ってはいましたが、実際に妊娠してからは特に妊娠線予防について気にすること無く妊娠生活を楽しんでいました。しかし妊娠中期頃からふと鏡で自分のおなかを見た時に下腹部に薄くひび割れたような横線が出来ていることに気づきました。普段は自分のおなかの大きさばかりに気を取られていて、飛び出たおなかに隠れて妊娠線に気づいていなかったのです。

そこから慌てて妊娠線のケアを始めました。私は特別な保湿クリームは使用せず一般的に使用していたローション上状の保湿クリームを使用しましたが、きちんとケアしたい方であれば妊娠線専用の保湿クリームも市販されています。保湿クリームをたっぷり手に取って、優しくおなかから下腹部を包み込む様な形でケアしました。朝と入浴後はしっかりと塗るようにして、ほかにも数回使用するようにしました。そうしたところあまりに深い溝の様な妊娠線はなくなり、出産後はほとんどわからないところまで消えました。温泉やプールに行っても気にならず、ケアして良かったと思っています。

妊娠線・肉割れを消したい!おすすめのクリームベスト3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です