パウダーファンデとリキッドファンデ

化粧の基本となるファンデーションにメジャーであるパウダーとリキッドがありますよね。私は両方使用しています。

何となく夏は汗をかいて崩れやすいので、リキッドファンデをメインに使用していました。リキッドはパウダーに比べてカバー力があり毛穴までカバーしてくれるし、肌にピタッと馴染む感じがして崩れにくいかなと思っていたのです。

ですが、実はそれは間違いだったようです。いえ、確かにリキッドファンデはパウダーファンデに比べてカバー力があり肌にしっかり浸透するのですが、リキッドファンデは油性成分が液状になっているパウダーファンデに比べるとオイリー肌の人はべたつきやすいらしいのです。オイリー肌の私には衝撃の事実。自分の間違っていた認識に愕然です。考えてみれば冬肌が乾燥する時期にパウダーファンデだと肌が粉っぽくなっちゃいますよね。リキッドファンデはその反対、よく考えてみればわかりそうなのに自分にがっかりです。

更にリキッドファンデは肌に浸透する分、パウダーファンデに比べて肌への負担も多いというではありませんか。それも盲点でした。

これからはイメージだけで使用せずにそれぞれの性質をきちんと理解した上で、べたつく時期以外は基本パウダーファンデ、乾燥する時期にはリキッドファンデときちんと使い分けをしていきたいと思います。

バンビウィンク ドンキ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です