政府に安田純平さんを救い出す気はあるのか

“ジャーナリストの安田純平さんがシリアで武装勢力に誘拐されてから、もう1年10ヶ月も経ったそうです。マスコミが取り上げることも少なくなり、ほとんど忘れてしまっている人達も多いかもしれません。政府は今でも解放のための交渉を続けているのかもしれませんが、全く成果が出ていない状況です。

日本政府は身代金を支払わない方針のようですが、これはアメリカのテロリストとは交渉しないという姿勢を真似たものかもしれません。しかしアメリカは軍事力を行使して人質を奪還するという最終手段を持っています。日本にはそんな選択肢はないのですから、アメリカのようにマッチョを気取るのはどうかと思います。

イラク戦争の頃など、世界中からイラクに行った人たちが誘拐されることが起きました。日本人も3人が誘拐されました。その頃ヨーロッパなどはみな身代金を支払って人質を取り戻していたようです。口では決して身代金を払ったことを認めませんが、実際には払っていました。身代金を払えば次の誘拐を誘発するだけだという議論は分かりますが、だからといって安田純平さんのように長い間放置するのも国民保護の観点からどうかと思います。確かに難しい問題ですが、少しは柔軟性を持って救い出して欲しいと思います。”

シーアプライ ワキ汗臭の悩みに最安消臭・制汗クリーム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です