便秘を解消してニキビを改善

ニキビの原因の一つが便秘です。
化粧品で丁寧にケアをしているけれどニキビが治らない、何日も出ないのは当たり前、こんな方は便秘が原因の可能性があります。

便秘とは腸内に老廃物がたまった状態です。
老廃物は体にとって不要なもので、いらないものをためていてよいことはありません。

腸内では悪玉菌が作り出す有害物質が増えています。
有害物質は腸壁から吸収されて、血液によって全身に運ばれます。
肌細胞にも有害物質が届き、細胞に刺激を与えて肌のバリア機能を低下させます。
バリア機能には外部刺激から守ったり、肌内部の水分蒸発を防ぐ役割がありますが、この力が低下をすることでニキビができやすい状態になります。

また有害物質が脳に届くことで自律神経にも影響を与えます。
自律神経が乱れると肌の生まれ変わりが滞り、ニキビが治りにくくなります。
そして皮脂分泌が活発になるので、ニキビを悪化させる可能性もあります。

便秘を解消するためには、食物繊維や乳酸菌を摂取するとよいでしょう。
食物繊維は腸を刺激して大腸の働きを活発にします。
野菜、果物、海藻、きのこ、未精製穀物などに多く含まれています。
野菜というとレタスやキュウリをよく食べる方がいますが、これらは食物繊維が少ない野菜です。
色が濃い野菜に食物繊維が多いので、ほうれん草やブルッコリーなど色が濃い野菜も食べましょう。

乳酸菌には腸内環境を整える働きがあります。
ヨーグルト、味噌、ぬか漬けなどに含まれています。

ニキビ跡のシミに化粧水!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です