ウェブ小説あれこれ

割と、やり玉に挙げられる小説家になろうのサイトで掲載している小説。私結構読んではいます。

まあ、まだ読んでいるのでそこまで否定的無い件ではないとは思いますが、最近のながれはひどいとは思いますね。

ええ、あれは無料でみれる程度のレベルで話すならまあありなんじゃないか? というレベルだと思います。

これが、書籍化とか漫画化とかアニメ化まで行くと…ええぇ…正気か?

と思ってしまう次第です。

いや、ホントあれ見ているとラノベもちゃんとした商品できちんと人の目に触れられる、お金を出して買う価値のあるものだったんだなぁ・・・…としみじみ思わされるものです。

なろうの小説で問題なのはストーリーや文法とかその辺じゃあ会いません。

ストーリーはそこそこいいものが4つに1つは見つかりますし、文法がおかしかったり誤字が多かったりするのを同行するのは編集者の仕事です。作者が書いてそのまま載せているサイトの小説で三点リーダーの使い方がとか誤字が多すぎとかは高望み過ぎだと思います。

なろうの小説で商業化が無いとおもうは全体的にあそこの小説、話をまとめる気が無いと思うところです。

大体の話でとにかく毎日更新、少なくとも毎週更新を目標とした話の作り方で連載が続けば続くほど話の内容がスッカスカに・・・…特に商業化する有名どころが顕著な気がします。

きっちり、終わらせている作者さんもいますが私はあの話をお金を出して読みたいとは思いません。

北の大地の夢しずく Amazon

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です